交通状況を上から見る習慣をつけよう

 ドライバーは、運転席に座り前方を見て、交通状況を判断しながら車を運転しています。 このとき、運転席から見えるものだけで状況判断すると危険を見落としてしまいます。


 たとえば、前方左側に駐車車両が止まっていると、その車両が死角になり、運転席からその向こう側が確認できない。目に見えないからといって、そこには何も危険はないということではありませんよね。

 

 歩行者が道路を横断しようとしているかもしれないし、駐車車両のドライバーが運転席に戻ってくるかもしれません。

 

 運転席から見えない部分をどのように見るかが、安全運転のポイントですが、安全運転者と言われる人は、運転中に見えている交通状況を上から見ていると言われます。

 

 実際に上から見るわけにはいきませんので、頭のなかで上から見る場面をイメージすると、駐車車両で隠れている部分に、いろいろな危険が隠れていることが見えてくるはずです。

 

 このように、運転中は交通状況をときどき上から俯瞰的に見るようにして、隠れている危険をイメージするようにしましょう。

交通事故防止教材をご利用下さい

 

 シンク出版では事業所等での交通事故防止教育に役立つ教育教材を出版・販売しています。

 

 一般ドライバー向け、トラック・バスドライバー向け教材のほか、教育用DVDなども多種揃えておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

【詳しくはこちら】

過去の朝礼話題 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

1月17日(木)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。