ETCレーンではスピードを落とそう

 ETCレーンが導入された当初は、ノンストップで通過できるという意識が働くせいか、スピードを落とさずに通過するドライバーが後を絶たず、開閉バーが開く前に突っ込んでバーを壊したりする事故が多発しました。


 そのため、最近のETCレーンでは、開閉バーが遅れて上がるようになっており、時速20キロ以下で走行しないと開閉バーに衝突しそうになってしまいます。
 したがって、ETCレーンでは、時速20キロ以下にスピードを落とし、開閉バーが開くことを確認してから通過するようにしてください。


 また、ETCカードが機械に完全に挿入されていなかったり、有効期限が切れていたりして、開閉バーが開かないケースもあります。このとき慌てて急停止した車に、後続車が追突する事故も多発しています。


 ETCを利用する場合には、事前にカードの有効期限や装着状況をチェックしておくとともに、前車がETCカードの未装着などのトラブルで途中で停止することも考え、車間距離を十分にとって通過しましょう。

交通事故防止教材をご利用下さい

 

シンク出版では事業所等での交通事故防止教育に役立つ教育教材を出版・販売しています。

 

一般ドライバー向け、トラック・バスドライバー向け教材のほか、教育用DVDなども多種揃えておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

【詳しくはこちら】

過去の朝礼話題 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

1月21日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。