平成23年4月の交通事故発生状況

■4月中の死者数も前年同期より増加!

平成23年4月末の交通事故発生状況──全国

 項目  人数・件数   対前年比
 死者数
 1,434人 -11人(-0.8%)
 発生件数
 219,615件

-12,310件 (-5.3%)

 負傷者数
 269,347人
-16,093人 (-5.6%)

                          (※ 発生件数・負傷者数は概数) 

 平成23年4月末までの交通事故発生状況が警察庁から発表されました。死者数は前年同期より11人減(-0.8%)ですが、4月中の交通事故死者数は368人で、前年同期より18人増と2月から3か月連続で増加しています。

 平成23年に入って1月の死者数だけは57人減と大幅に減少しましたが、その後は漸増傾向が続いています。

月別死者数の推移(平成23年1月~4月)

■昼間死者の57%が高齢者

 平成23年1月~4月の死者数を昼夜別にみると、昼間の死者では、65歳以上の高齢者が382人で57%を占めています。次いで60~64歳の58人8.7%、40~49歳の54人8.1%の順です。

 一方、夜間死者は、65歳以上が329人で43.1%、50~59歳が112人14.7%、16~24歳79人10.3%の順となっています。

 

■第1当事者の違反は漫然運転がトップ

第1当事者法令違反別死者数

 原付以上の運転者(第1当事者)による法令違反別死亡事故件数では、漫然運転がトップを占め16.4%、次いで脇見運転の15.7%、安全不確認11.0%、運転操作不適10.4%の順となっています。

 なお死亡事故を起こした第1当事者の年齢層は、高齢者(65歳以上)が21.2%でトップを占めています。

 次いで30~39歳の17.7%、40~49歳の15.9%の順となっています。

 法令違反を年齢層別にみると、65歳以上の漫然運転47件、30~39歳の脇見運転45件、65歳以上の運転操作不適44件が目立っています(※詳しくは、警察庁のWEBサイトを参照)。

 

都道府県別の発生状況については、このページの下の表を参照してください。データが必要な方は下記のエクセルファイルをダウンロードしてください 。

平成23年4月末現在の死亡事故発生状況(都道府県別)
jikoshisya201104.xls
Microsoft Excel 35.0 KB
平成23年4月交通事故死者数 都道府県別
警察庁の統計資料より作表
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

10月23日(水)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──労働災害防止教育用DVDの取扱いをしております

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。