安全運転のキーワード「3つのスリー」

 今日は、安全運転のキーワード「3つのスリー」という話をしたいと思います。


 まずは、「300」です。これは、何を意味をすると思いますか。


 自宅や会社などから300mの範囲は、油断しやすいので危険な行動をしやすく、注意が必要ということです。自宅や会社を出てからすぐ、あるいは近くまで帰ってきたときには、油断しないでください。


 「30」は、30mです。
 交差点を右左折する時には、手前の30mから合図を忘れないということです。


 最後の「3」は3秒です。
 車線変更の合図を3秒前にするということと、前車との車間距離は時間にして最低3秒は確保しようという意味です。
 3秒の車間距離というのは、前車が交差点の端などを通過してから、自車が3秒後に同じ場所を通過するような車間距離をとるということです。


 車を運転する際には、この「3つのスリー」を意識するように心がけてください。

 シンク出版では事業所等での交通事故防止、ドライバー教育に役立つ教育教材を出版・販売しています。

 

 団体や企業で配布される場合は、名称の刷込みなども承っております。

 

 お気軽にお問い合わせください。

【詳しくはこちら】

過去の朝礼話題 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

3月25日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。