車高の低い車は追突されないように注意しよう

 皆さん、追突事故と言えば、事故類型別でもっとも多発している事故の一つですが、車種によっても違いがあるのをご存じでしょうか。つまり、追突しやすい車種と追突されやすい車種に分かれるということです。


 追突しやすい車としては、大型トラックなど車高の高い車が代表格です。一方、追突されやすい車といしては、車高の低い軽自動車が代表格で、軽自動車は大型トラックよりも10倍以上も追突されやすいといわれています。


 運転席が高い大型トラックは、遠方の信号や同じ大型トラックの荷台などに視線が向きやすく、直前の軽自動車などを見落としやすくなります。そのため、追突事故が増えるというわけです。


 軽自動車やスポーツカーなどのドライバーは、大型トラックなどから追突されないように意識して運転する必要があります。


 たとえば、、大型車と大型車の間に入らない、車間距離をつめて追従している車には早めに進路を譲るといった、追突されない運転を心がけましょう。

交通安全教育資料のご案内

 

シンク出版では事業所等での交通事故防止教育に役立つ教育教材を出版・販売しています。

 

一般ドライバー向け、トラック・バスドライバー向け教材のほか、教育用DVDなども多種揃えておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

【詳しくはこちら】

過去の朝礼話題 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

3月25日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。