「やや眠い」ときがいちばん危険

  運転中に眠気を感じている状態で、もっとも危険なのは、どういうときだと思いますか。

 

  「眠たくて眠たくてどうしようもない」という状態でしたら、すぐにサービスエリアなどに入って休憩したり仮眠したりしますので、あまり危険とは思わないのですが、「やや眠い」という状態がいちばん危険だと思います。


 この状態では、眠たいけれど走れないことはないので、「早く目的地に行こう」と無理をして走ろうとして、いつの間にか「居眠り運転」に陥ることがあるからです。

 

 人間の脳は、単調な高速道路の走行など刺激が減ってくると働かなくなります。「やや眠い」というときには、脳の働きが鈍っていますので、刺激を与える必要があります。

 

 早めにサービスエリアなどに入り、冷たい水で顔を洗ったり、車の外に出て軽い体操などをして、目を覚ましてください。

交通安全教育資料のご案内

 

シンク出版では事業所等での交通事故防止教育に役立つ教育教材を出版・販売しています。

 

一般ドライバー向け、トラック・バスドライバー向け教材のほか、教育用DVDなども多種揃えておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

【詳しくはこちら】

過去の朝礼話題 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

5月23日(木)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。