少しでもリスクを感じたら行動を起こさない

    強引な右折はリスクが大きい!
    強引な右折はリスクが大きい!

 車を運転していて、先を急いでいたりすると、自分では「少し危険かな」と感じていても、強引に行動してしまうことがありますね。


 たとえば、交差点内で右折待ちをしているときに、対向直進車が迫っている場面があります。そんなときに、「少し対向車が接近しすぎているかな」感じていても、先を急いでいると「まあ、何とか大丈夫だろう」と強引に右折することがあります。

 

 このように、危険(リスク)を認識しながら、あえて危険な行動をとることを「リスクテイキング(危険敢行度)」と呼んでいますが、当然このようなリスク行動は、事故に結びつく可能性が高いわけです。

 

 右折に限らず、車線変更など、それまでの運転行動を変えるときには、「少しでもリスクがあるな」と感じたら、絶対に行動を起こさないようにしなければなりません。

 

 ただし、リスクの感じ方は人それぞれ違いますので、「ギリギリ行けるかな」「少し無理をしたら行けるかな」などと感じたときは、「リスクがある」と考えるようにしてください。

 

交差点事故の危険度

 シンク出版では、交差点を「左折する」、「右折する」、「直進する」場合の危険度をチェックし、自らの運転行動の問題点を理解したうえで、運転目標を定めて交差点事故を防ぐことをねらいとした「交差点事故の危険度をチェックしよう」を出版・発売しています。

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

1月17日(木)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。