当たり前のことをバカにしない(ABC運動)

ABC運動 当たり前のことを

 皆さん「ABC運動」という言葉をご存知ですか? 

これは、

 「A=当たり前のことを」

 「B=バカにしないで」

 「C=ちゃんとする」

ことを意識づける言葉です。

 

 たとえば、車線変更をするとき「ウインカーで合図をする」のは当たり前のことですが、前後に全く車が見えないときなどには、つい「意味ないか!」と思って省いてしまうドライバーがいます。

 

 しかし、ここに落とし穴があって、実はミラーの死角に原付バイクなどが隠れている場合があり、車線変更時に衝突することがあります。

 車はいないと思っても律義にウインカーを出して、ウインカーを出した方向に首を振る習慣を守れば、死角のバイクに気づくでしょう。

 また、ウインカーが出されていれば、バイクの方も危険を感じて譲ることができます。

 

 このように、当たり前のことをバカにしないことが、安全の基本です。

 人によっては、Bのところを「B=ぼんやりせず」と少し変えている場合もあります。
 発進前の燃料チェックなど、当たり前の確認行動でも、ぼんやりしているとすっぽ抜けがちだからです。

 

 今日から、当たり前のことこそ、ちゃんとやりましょう! 

 

(2011.6.27更新)

■「指導・監督の指針」に基づくドライバー教育資料のご案内

うっかり事故 危険 急ぎ 思い込み

 運行管理者のためのドライバー教育ツール Part3」は、平成29年3月12日に施行された「貨物自動車運転者への指導及び監督の指針」の12項目に基づいて構成されています。

 

 管理者向け資料・運転者用資料とも、漫画とイラストで図解されたわかりやすい教材です。

 

 すぐに現場で使用でき、乗務員指導記録用紙も添付されていますので、指導・監督の記録保存にも最適です

 

詳しくはこちらを参照

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

1月21日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。