赤点滅信号は必ず一時停止しよう

 夜間など、交差点の信号が点滅信号に変わるときがありますが、赤点滅側を通過するときに一時停止をしていますか?


 赤点滅信号の意味は、一時停止だということは知っているが、「深夜だから交差道路から車は来ないだろう」と甘く考えて、一時停止を怠るケースで多いので注意してください。

 夜間に信号機が点滅信号に変わるような場所では、通行量が少なくなっているので、「止まらなくて大丈夫」と考えやすいのですが、絶対に車が来ないとは誰も言えません。

 

 もう一つ注意したいのは、赤点滅信号で一時停止を怠る車がいるということは、黄点滅側を通過するときも注意する必要があるということです。

 黄点滅側を通過する際には、「自分は黄点滅側だから赤点滅側の車が止まるだろう」と考えてはいけません。そのように考えて漫然と交差点に進入すると、赤点滅側の車も止まらず交差点に突っ込んできて衝突するという事態にもなりかねません。


 黄点滅側でも優先意識を持たず、状況によっては一時停止をしてください。

交差点 事故防止 教材

 シンク出版では、交差点を「左折する」、「右折する」、「直進する」場合の危険度をチェックし、自らの運転行動の問題点を理解したうえで、運転目標を定めて交差点事故を防ぐことをねらいとした「交差点事故の危険度をチェックしよう」を出版・発売しています。

【詳しくはこちら】

過去の朝礼話題 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

5月27日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。