追突されない運転を心がけよう

後続車にブレーキを踏ませない運転を心がけよう
後続車にブレーキを踏ませない運転を心がけよう

 追突事故は、出合頭事故と並んで多発する事故です。


 追突事故は、もちろん追突する側に責任がありますが、なかには追突される側にも責任がある場合もあります。

 

 代表的な例が、後続車がブレーキを踏まなければならないようなタイミングで合流したり、車線変更するケースです。後続車は、ビックリして急ブレーキを踏むことが多く、少しでもブレーキを踏むのが遅れてしまえば追突されてしまいますね。

 

 合流や車線変更に限らず、他車の進路を塞ぐような形で自分の運転行動を変えるときには、他車にブレーキを踏ませないことを第一に考えてください。そうすれば、追突されることもなく、快適な交通環境を作ることもできます。

 

 もう一つ注意してほしいのは、常に後続車の動きに注意を払っておくということです。

 

 後続車のなかには車間距離を詰めてきたり、変な行動をする車がいます。そうした車が接近してきたら、後続車の動きに注意して車線変更をしたり、安全な場所に停車するなどして先に行かせましょう。

 

 また、信号で停止するときなど、後続車が迫ってきていればポンピングブレーキを踏んだり、高速道路の渋滞で減速するときにはハザードランプを点灯するなど、自分が減速・停止するときには、その動きを後続車に伝えることも大切です。

 

(シンク出版株式会社 2011.7.5更新)

■もらい事故でもこんなに過失がある!

 シンク出版では事業所等での交通事故防止、ドライバー教育に役立つ教育教材を出版・販売しています。

 

 小冊子・「もらい事故」でもこれだけの過失があるは、相手に責任があると思われる事故でも、大きな過失責任を負うケースを紹介しています。「交通事故に過失ゼロは珍しい」ことを学び、事故防止意識を高める教材です。

 

 

【詳しくはこちら】

過去の朝礼話題 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

1月24日(木)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。