相手と時間的、空間的距離をとっておこう

 事故というものは、相手と時間的にも、空間的にも重なったときに起こるものです。
 事故を起こさないためには、これらが重ならないように運転しなければなりません。


 交差点を右折する場面で考えてみましょう。対向車線を横切る右折は、直進車と空間的に重なりますので、時間的に重ならないような運転をしなければなりません。
 つまり、安全に右折するには、直進車がはるか遠くにいるときか、通り過ぎた後に右折することがいちばん重要になります。

 直進車が近づいているのに、その前を右折するのは、直進車と時間的に重なる可能性が高く、事故になりやすいということです。

 

 次に、空間的に重ならないようにする例を考えてみましょう。

 たとえば、前方左端を走行している自転車を追い越そうとする場合、自転車の横に並んだときには、時間的に重なってしまいます。

 ですから、できるだけ自転車との側方間隔をとって空間的に重ならないようにすれば、万一自転車がふらついた場合でも、接触事故を避けることができるのです。

 

 どんな運転場面でも、時間的にも空間的にも重ならないように運転することが、事故防止のコツなのです。

交通安全教育資料のご案内

 

シンク出版では事業所等での交通事故防止教育に役立つ教育教材を出版・販売しています。

 

一般ドライバー向け、トラック・バスドライバー向け教材のほか、教育用DVDなども多種揃えておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

3月27日(水)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。