ペットボトル症候群に注意

  最近、「ペットボトル症候群」という言葉を耳にする機会が増えていますが、皆さんはどういうものかご存知ですか?


  「ペットボトル症候群」とは、糖分の多いペットボトルの清涼飲料水を大量に飲み続けていると、急激に血糖値が上がって血糖値を一定に保つインシュリンの働きが低下してしまい、急性もしくは一過性の「糖尿病」のような状態になるというものです。


  症状としては、ダルさを覚えるなどの倦怠感、著しく喉が渇くなどで、場合によっては意識がもうろうとしたり、ひどい場合には昏睡(こんすい)状態に陥ることもあるようです。
  今年の夏は、節電のためにエアコンの設定温度を上げたりしている関係で、熱中症対策のために水分の補給が求められています。


  その際に、ジュースなどのペットボトルの清涼飲料水をガブガブ飲んでいると、どうしても糖分の取り過ぎになってしまい、「ペットボトル症候群」になる可能性が高くなります。
  一般的な清涼飲料水は、1リットル当たり100グラム前後の糖分が含まれていると言われています。スポーツ飲料や野菜ジュースなどにも当然糖分が入っています。


  水分補給は、糖分の入っていないお茶などの飲み物で行いましょう。

交通安全教育資料のご案内

 

シンク出版では、広い分野にわたる交通事故の防止、ドライバーの安全運転教育に役立つ教育教材を出版・販売しています。

 

一般事業所向け、トラック貨物事業所向け、バス事業所向け教材のほか、教育用DVDなども多種揃えておりますので、お気軽にお問い合わせください。

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

5月22日(水)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。