追越しに必要な距離は意外に長い

 片側1車線の道路を走行していると、先行車が遅くイライラしてつい追い越したくなるということがよくありますね。

 

 しかし、簡単に追越しができると思ったところ、意外と追い越すことができず、そのうち対向車が現れて、ギリギリのところで元の車線に戻るといったことがよく起こります。ギリギリで戻れたらまだよいのですが、最悪の場合には対向車と衝突したり、戻る際にハンドル操作を誤って、路外に逸脱するという事故になったりします。

 

 なぜ、こうしたことが起こるかといいますと、運転者が追越しにかかる距離が思っている以上にかかるということを認識していないからなのです。

 

 たとえば、時速50キロで走行中の前車を、自車が60キロで追い越す場合には、最低でも516mの距離が必要だと言われています。時間に換算すれば約30秒もかかってしまいます。

 対向車がある場合は、この距離の2倍程度の先、つまり1キロメートルの先の安全確認が必要です。

 

 このことからも、追越しはいかに時間がかかり距離も必要かがわかります。絶対に無理な追越しはしないことです。

交通安全教育資料のご案内

 

シンク出版では、広い分野にわたる交通事故の防止、ドライバーの安全運転教育に役立つ教育教材を出版・販売しています。

 

 一般事業所向け、トラック貨物事業所向け、バス事業所向け教材のほ

か、教育用DVDなども多種揃えておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

【詳しくはこちら】

過去の朝礼話題 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

5月20日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。