夏のドライブでは「バッテリー上がり」「燃料切れ」「パンク」に注意

夜間に渋滞に巻き込まれたらバッテリー上がりに注意
夜間に渋滞に巻き込まれたらバッテリー上がりに注意

  これから夏期休暇を利用して、長距離ドライブに出かける人が多いと思います。
 JAFでは、夏のシーズンにクルマで出かけるドライバーへ注意を呼びかけていますので、紹介したいと思います。
 それによりますと、過去のロードサービスの傾向などから、「バッテリー上がり」、「燃料切れ」、「タイヤのパンク」が多く発生しているということです。
 そこで、長距離ドライブに出かける際には、次の3つのポイントについて注意してください。
①電装品の使用を控える
 エアコンを使う夏場は、電装品を使いすぎるとバッテリー上がりの原因になります。カーステレオなどの過度の使用は控えましょう。とくに、ブレーキを踏み続ける渋滞中は注意してください。
②「燃料」のチェックを忘れない
 気がつくと燃料が少なくなって、給油できるサービスエリアまでもたない、ということにならないよう早めの給油を心がけてください。
適正な空気圧は保つ
 タイヤの空気圧が少ないと燃費も悪くなります。また、パンク・バーストの原因にもなります。

 シンク出版では交通場面だけではなく、運転者の内面にある危険も予測することができるKYTシート&パワーポイントファイルをW収録した「危険予測訓練12か月」を近日発売予定です。

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

3月25日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。