「メラトニン」って、知っていますか

朝起きて強い光を浴びると体内時計をリセットさせることができる
朝起きて強い光を浴びると体内時計をリセットさせることができる

  私たち人間は、多くの人は朝方に目を覚まして活動し、夜になると自然に眠くなるという生活リズムを繰り返しています。
 この生活リズムには、眠気を誘発する「メラトニン」というホルモン物質が大きくかかわっていることがわかっています。「メラトニン」は、光の刺激を受けると分泌が抑制され、暗くなると分泌されます。
 朝、起きて目から光が入ると、体内時計がリセットされ、昼間の明るい光のなかでは、メラトニンが抑制されてます。ですから、昼間はあまり眠くなることはありません。体内時計がリセットされてから15~16時間経つと、今度は分泌量が増えていきますので、夜になると自然に眠くなっていきます。
 ところが、夜の時間帯でも再び強い光に当たると、メラトニンの分泌が抑制されます。ですから、夜間走行しているときに、このメカニズムを利用すると眠気を抑えることもできます。
 眠くなったりしたときに、SAの自動販売機などの強い光を出している前でしばらく休憩すると、メラトニンの分泌を抑えることができます。また、仮眠した後でも、強い光にしばらく当たると、メラトニンの分泌を抑え体内時計がリセットさせることができ、眠気を抑えることができます。

交通安全教育資料のご案内

 

シンク出版では、広い分野にわたる交通事故の防止、ドライバーの安全運転教育に役立つ教育教材を出版・販売しています。

 

一般事業所向け、トラック貨物事業所向け、バス事業所向け教材のほか、教育用DVDなども多種揃えておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

3月25日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。