「収れん現象」による車両火災に注意

写真は(財)消防科学総合センターのWEBサイトより
写真は(財)消防科学総合センターのWEBサイトより

 夏場は、ドライブ中でも喉が渇きますので、ほとんどの人はペットボトルを車内において、飲みながら運転していると思います。もちろん、同乗者も同じです。


 このとき、ペットボトルを車内に置いたままにしておくと、ペットボトルが太陽光を集めて「収れん現象」を起こし、車両火災が発生することがありますので、注意してください。
 「まさか…」と思っている人もいると思いますが、過去に実際、車両火災が起きています。


 車内の荷台にペットボトルを置いていたのですが、車の後部が西日を直線で受ける角度で駐車してために、ペットボトル付近がもっとも激しく燃えていたということです。
 「収れん現象」は、鏡や金魚鉢、ガラス玉などでも起き、凸レンズや凹面鏡の役目をして焦点を結び、発火をもたらすものです。


 これまでに、炭酸ガス飲料の缶が破裂したり、ライターが爆発することが発生しています。日差しが強いこの時期には、車内の日の当たる場所に、ペットボトルや炭酸ガス飲料の缶、ライターなどを車内に置いたままにしないでください。

 

(財)消防科学総合センターのWEBサイトでは、ペットボトルの形状による収れん効果の違いや発煙、無炎燃焼、発火にいたるまでの時間などを紹介しています。

(2011.8.09更新)

うっかり事故 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

交通安全教育資料のご案内

 

シンク出版では、広い分野にわたる交通事故の防止、ドライバーの安全運転教育に役立つ教育教材を出版・販売しています。

 

一般事業所向け、トラック貨物事業所向け、バス事業所向け教材のほか、教育用DVDなども多種揃えておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

【詳しくはこちら】

過去の朝礼話題 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

5月21日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。