夜間は小さな光にも注意を向けよう

夜間にランニングをする人 反射材
夜間にランニングをする人

 夜間、車を運転していると、車のヘッドライトや信号など強く明るい光には自然と注意が向きますが、弱く小さな光はドライバーには気づかず見逃しがちになります。
 たとえば、バイクのライトは1灯しかないために、2灯以上ある四輪車のライトに紛れてしまうことがあります。また、歩行者や自転車がつけている反射材も、よく注意していないと見逃してしまいます。


 したがって、夜間はたとえ小さな光でも見逃さずに、注意を向ける必要があります。わずかに光るものを見つけたときには、そこに歩行者や自転車などがいることを教えてくれているからです。


 道路にも、小さな光がつけられており、道路形状がわかります。たとえば、街灯のない暗い交差点の路面には、光が点滅する道路鋲が設置されていて、そこが交差点であることを知らせてくれます。また、カーブ地点に設けられたデリニエータ(視線誘導票)の反射光で、カーブの形状がわかります。

 

 夜間は、どんな小さな光の情報も、見逃さないようにしてください。

 (2011.8.24.更新)

 シンク出版では交通場面と、運転者の内面にある危険を予測することができる危険予測訓練ツール「危険予測訓練12か月」を好評発売中です。

【詳しくはこちら】

過去の朝礼話題 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

1月22日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。