交通警備員の動きに注意にしよう

交通警備員

  道路工事現場などに、必ず交通警備員が配置されています。こういう人たちがいることで、交通の安全と円滑な流れが確保されているのですが、ときに危険な行動に出ることがありますので注意が必要です。


 たとえば、大型店舗の駐車場に出入りする車や歩行者の安全を誘導していた警備員が、安全誘導のために急に車道に飛び出してきて衝突するという事故も起こっています。
  こうした事故でも、運転者の責任は厳しく問われます。道路工事現場や車の出入りが多い駐車場では、スピードを落とすとともに交通警備員の動きに注意しましょう。


 もう一つ注意しなければならないことは、交通警備員の指示に従うことは大事ですが、それが絶対正しいと思わないことです。
 というのは、相手の車を止めて、こちらの車を先に行かせようとしていても、相手がその指示を理解して止まってくれるかどうかが、わからない場合があるからです。万一、相手車両が交通警備員の指示を間違って解釈していたりすると、止まらない場合のあり事故の可能性が大きくなります。
 道路工事現場などを走行するときには、交通警備員の動きに注意するとともに、すべての車や歩行者、自転車などが指示通りに動いているかを確かめてから行動するようにしましょう。

 (2011.8.26更新)

うっかり事故

交通安全教育資料のご案内

 

シンク出版では、広い分野にわたる交通事故の防止、ドライバーの安全運転教育に役立つ教育教材を出版・販売しています。

 

一般事業所向け、トラック貨物事業所向け、バス事業所向け教材のほか、教育用DVDなども多種揃えておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

【詳しくはこちら】

 
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

3月25日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。