バックアイカメラを見てからバックしていますか?

バックアイカメラ バックモニター

 最近、バックアイカメラ(バックモニター)がついている車が増えました。

 

 後方の死角が大きいパネルバントラックなどにも装備されています。カーナビ画面や専用モニターに車の後方状況が映しだされるので便利なものですが、バックアイカメラのついた車でも、バック時に事故を起こすドライバーがいます。

 

 これはどうしてでしょうか? 

 

 一つの原因は、ドライバーがせっかちで、バックギアに入れたらすぐ、カメラのモニターを見る前にバックし始めているからです。モニターを見て障害物等に気づいたときには、すでに当たっているわけです。

 

 もう一つの事故タイプは、車の周りを広く見ていないので、バックアイカメラの視界の外から車の後方にやってくる自転車などを見落としてしまうケースです。カメラの映しだす視界は車両後方の狭い範囲なので、横からやってくる自転車などには直前まで気づかないことが多いのです。

 

 せっかくカメラがついているのですから、上手に活用すべきですが、カメラが映しだす視界は十分な情報とは言えないので、過信せずに首を巡らせて幅広い範囲の安全確認をしながら、ゆっくりとバックする習慣をつけましょう。

(2011.8.30更新)

■教育用ビデオ「トラック運転者のための安全運転のポイント」

 本DVDは、トラックに乗務するにあたっての責任の大きさから、運転の準備、運転中の具体的な注意ポイントまでをコンパクトにまとめた、トラックドライバー向けの教育用DVDです。

 

 それぞれの項目は質問形式で構成されていますので、考えながら見ることができ、安全運転のポイントを理解していただくことができます。

 

 事業所における指導・監督の教材として視聴することはもちろん、安全講習会においても、受講者の参加を促すツールとして活用することができます。

 

【詳しくはこちら】

過去の朝礼話題 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

8月22日(木)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──労働災害防止教育用DVDの取扱いをしております

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。