強風での横転事故に気をつけよう

台風の進路を確認しておこう(写真はウェザーニュース)
台風の進路を確認しておこう(写真はウェザーニュース)

 台風12号が接近してきました。これから台風シーズンですが、トラックなど車体の大きい車を運転する方は、強風時の横転事故に注意しましょう。


 トラックなど重量がある車は、安定していて風にも強いと思われがちですが、重心が高いので横転事故が多く発生しています。さる7月19日、台風6号の影響により、本州と四国を結ぶ瀬戸大橋で大型トラックが横転する事故が発生しました。この事故の後、瀬戸中央自動車道が通行止めになっています。

 

 瀬戸大橋では、昨年末(2010年12月28日)にも強風によるトラック横転事故がありました。このときは風速15m程度で、時速50キロ規制されて走行が許可されていたのですが、突然の突風に対処できなかったようです。低気圧や台風が接近している日は、橋や高架を走行するとき、とくに注意が必要です。

 

 車の車体は、スピードが速い場合ほど横風の影響を受けやすいので、風の強い日は規制速度を守り、できるだけスピードを落として走行しましょう。
 また、万が一、横風を受けて車が流されたとしても急ブレーキを踏んだり急ハンドルで戻そうとしないで、緩やかに減速しハンドルをしっかり握って、ゆっくり進路を修正するように心がけましょう。

(2011.9.01更新)

■教育用ビデオ「災害時、ドライバーはどう生き残るか」

 地震、津波、火災などの大災害が起きた時、ドライバーはどんな事態に遭遇するのか。 

 

 本作品は、日本大震災・被災地のドライバーの皆様のご協力をいただき撮影した貴重な証言に専門家の分析や意見、そして実験映像などを加え、地震などの災害時にドライバーはどういった事態に遭遇するのか、どう行動すれば危険を回避できるのかを、わかりやすく解説しています。

 

 

【詳しくはこちら】

過去の朝礼話題 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

3月25日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。