9月9日は「救急の日」

   今日、9日は救急の日です。
 語呂合わせだから覚えやすいですね。
 普通運転免許取得時に応急救護処置の講習が義務づけられて、もう10数年が経過し、講習を受けた経験のある方も多いでしょうが、いざ、交通事故の現場などで、自分が被害者を前にして救命処置をすることを考えたとき、「自信を持ってできる」と言える人はいるでしょうか?

 免許時の簡単な講習ではなく、改めて消防署や専門機関による指導を受けた人でないと、なかなか的確な処置を実行することは難しいと思いますが、自分が交通事故を起こした場合は、被害者を安全な場所に移動させて呼吸や意識、負傷の程度を確認し、119番や110番通報をするなど、ドライバーとしての最低の義務だけは、絶対に忘れないようにしたいものです。

 「大した怪我だと思わなかった」とか、「周りにたくさん人がいたので任せて、取り合えず納品を優先した」といった自分勝手な理由づけで被害者の救護を怠り現場を離れるドライバーは、あとで自主的に事故現場に戻ったとしても、「ひき逃げ=救護義務違反」の汚名を負うことになります。
 「救護義務違反」は重大違反で、10年以下の懲役または100万円以下の罰金という厳しい罰則と、違反点数35点で即運転免許取消し・欠格期間3年という重い行政処分が待っています。

 救急の日を機会に、自分が事故現場や災害現場で何ができるか、よく考えてみましょう。

(2011.9.09更新)

■出会い頭事故の危険に気づいて事故を防ぎましょう

 小冊子「自分で気づこう!!出会い頭事故の危険」は、出会い頭事故の発生する要因を6つに分類し、それぞれの要因別に事故事例とデータを紹介しています。

 

 なお、事例に関連した設問を設定していますので、自分自身にどういった出会い頭事故の危険が潜んでいるかを気づいていただくことができます。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

3月25日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。