事故を起こすと保険料アップ率が倍になる!?

交通事故

 最近、死亡事故は減少していますが、高齢者の事故増加や若者の車離れで自動車保険の収支が悪化して、損害保険会社も苦しいようです。


 そこで損保各社では、来年(2012年)から自動車保険料を実質的に値上げする方針を固めたそうです。内容は、事故を起こした人の保険料をより値上げする方向です。

 現在は、事故を起こして保険金を使うと保険の等級が翌年3等級程度下がり、割引率が減って次年に支払う保険料は5~10%程度高くなる計算になっています。逆に無事故であれば割引率はアップします。この等級制度を見直して、見直し後は事故後の値上げ幅を2倍程度に引き上げる方針です。 

 

 つまり、交通事故を起こすドライバーには、「より高い保険料を払ってもらおう」ということです。社会全体の利益から見れば、事故を起こす人の責任を大きくするのは当然のことですが、自分がその仲間にならないように、「事故は本当に損ばかり」ということを肝に銘じておきたいですね。

(2011年9月14日更新)

「危険予測訓練12か月」は交通場面の危険だけではなく、運転者の内面にある危険も予測することができる新しいタイプの危険予測訓練ツールです。

【詳しくはこちら】

過去の朝礼話題
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

3月25日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。