自賠責への継続加入は大丈夫ですか

 最近、用事があって運輸支局に手続きに行ったところ、「"うっかり"ではすまされません 自賠責!」というポスターが掲示してあり、パンフレットも沢山積んでありました。
 読んでみると、自賠責保険(共済)なしの車やバイクがいるため、交通事故のとき加害者も被害者も非常に困惑するということです。うっかり、保険の期限が切れていることに気づかないで運転している二輪車ライダーなどが意外に多いそうです。

 

 自賠責保険の期限が切れていて死亡事故を起こした場合などは、自賠責保険で補償される限度額3000万円の保険金は支払われません。

 たとえ任意保険はかけていても、支払われるのは自賠責保険(共済)の補償限度額を超えた金額のみですので、3000万円までは自分で負担することになります。

 また、これも意外に知られていないようですが、自賠責保険未加入で運転した場合、事故を起こさなくても「1年以下の懲役または50万円以下の罰金」となり、しかも「違反点数6点」(=免許停止処分)を受けます。加入していても自賠責保険証明書を車やバイクに積んでいないだけで、30万円以下の罰金です。

 実際には、事故を起こして自賠責の未加入に気づくことが多いでしょうが、事故の損害賠償と罰則をダブルパンチで受けることになります。

 

 四輪車はもちろん、車検制度のない250㏄以下のバイク(原動機付自転車・軽二輪自動車)は、有効期限切れや保険のかけ忘れに注意することが大切です。

 必ず、今日中にマイカー・バイクの自賠責保険証明書をチェックしてください。

(2011年9月20日更新)

【参考/保険ステッカーの色を毎年変更】

 250cc以下の二輪車・原付には、ナンバープレートに自動車保険のステッカー(保険標章)が貼ってあります。従来は、青色に統一されていましたが、平成23年4月からは、毎年色が変わることになりました(23年中は青色)。24年以降は、無保険車(自賠責保険切れ)がよりわかりやすくなります。

 なお、国土交通省のWEBサイトの中には、自賠責保険(共済)に関して説明するコーナーが設けられていますので、詳しい内容を確認したい方は、以下のリンクを参照してください。

 →  自賠責保険ポータルサイト

交通安全教育資料のご案内

 

シンク出版では、広い分野にわたる交通事故の防止、ドライバーの安全運転教育に役立つ教育教材を出版・販売しています。

 

一般事業所向け、トラック貨物事業所向け、バス事業所向け教材のほか、教育用DVDなども多種揃えておりますので、お気軽にお問い合わせください。

【詳しくはこちら】

交通安全 事故防止 朝礼話題
今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

1月21日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。