血圧を上昇させない運転を心がけよう

 どんな人でも、車を運転しているときは、運転する前と比べると血圧は上昇します。
 トンネルに入ったり、高速道路に入っただけでも血圧は上がりますし、道に迷ったり疲れているのを無理に運転したときなどにも、血圧が上がります。


 さらに、子どもが脇道から飛び出してきたりして、ヒヤッとしたりハッとする場面に出くわすと、心臓がドキドキしてもっと血圧が上がります。こういうときの血圧の上がり方は、高血圧の人は普通の人よりもずっと強いのです。
 このことから、高血圧症の人が乱暴な運転をすると、血圧値が急上昇して、運転中に脳卒中や狭心症などが発症する危険性が考えられています。


 ですから、高血圧ぎみの人は、日頃からゆとりを持った運転を心がけるようにしましょう。また、体調に異変を感じたら無理をしないで運転を中止するか、交替運転者がいるときには運転を替ってもらいましょう。

(2011年9月26日更新)

交通安全教育資料のご案内

 

シンク出版では、広い分野にわたる交通事故の防止、ドライバーの安全運転教育に役立つ教育教材を出版・販売しています。

 

一般事業所向け、トラック貨物事業所向け、バス事業所向け教材のほか、教育用DVDなども多種揃えておりますので、お気軽にお問い合わせください。

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

5月21日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。