クスリの副作用に気をつけましょう

服用にあたっては注意書きをよく読もう
服用にあたっては注意書きをよく読もう

   アレルギー性鼻炎の薬(抗ヒスタミン薬)や風邪薬を飲むと運転中に眠くなることがあるという話を知っている人は多いかもしれませんが、それ以外にもいろいろな病気の治療薬で、運転中に急に眠気が襲ったり、意識障害に陥る危険があることを知っていますか?

 

 つい最近も、禁煙治療の補助薬「チャンピックス」という薬で意識障害事故が発生していたことがわかり、医師向け添付文書の使用上注意書きが改訂されて、服用時の車両運転を禁止するという内容の記述が追加されました(注意書きの訂正は2011年7月)。

 この薬品は、ニコチン依存症の喫煙者に対する禁煙補助薬で、禁煙治療を受ける人が医師から処方されるものですが、通販などでも自費購入できます。

 今まで 「自動車の運転等の際には注意すること」といった注意書きだけだったものが、「自動車事故に至った例も報告されているので、運転操作に従事させないよう注意すること」 とはっきり訂正されました。

 

 この薬のように市販後に重大な副作用が新たに判明することは、意外に多いそうです。

 

 市販前(認可前)の治験という人体実験は若い健康な人が対象で、人数も万全とは言えず限界があります。そこで、実際には発売後の副作用情報の収集が重要 で、いろいろな体質・年齢層の人に投与され続けることによって、「意識障害」などが発生することがわかり、薬の添付文書なども改正されます。


 皆さんも、自分の飲む薬にどのような副作用があるか医師や薬剤師さんに一度聞いてみてください。意外に「運転時には危険がある」という情報を得るかも知れません。


 医療関係者の中にも、患者の自動車運転などについてあまり意識していない人がいますから、念のために確認しておくことをお勧めします。

【参考】

 市販薬以外の医薬品の注意書きは、一般の人に手に入りにくいのですが、薬品名がわかればメーカーのインターネット・ホームページなどでも確認することができます。

 また、添付文書の記載事項が変更された場合は、独立医行政法人 薬品医療機器総合機構のホームページ「更新された添付文書情報」に掲載されます。

 例 → チャンピックスの例 

 

(2011年9月30日更新)

 シンク出版では、自身の「飲酒習慣」、「アルコール依存症の危険」、「飲酒運転の危険度」を自分でチェックし行動目標を設定することによって飲酒習慣を見直し、飲酒運転の防止を図ることをねらいとした「飲酒習慣の危険度をチェックしよう」を発売中です。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

8月21日(水)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──労働災害防止教育用DVDの取扱いをしております

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。