トンネル内ではスピード差に注意

  高速道路のトンネル内を走行するときに、注意することは多くありますが、今日はスピード差についてお話します。


 皆さんのなかで、トンネル内で前車にアッという間に追いついてブレーキを踏んだという経験を持っておられる人はおられますか。逆に、後ろから車が迫ってきて怖い思いをしたという人もおられるかも知れません。


 高速道路走行に慣れていない人は、昼間明るい所から暗いトンネル内に入ると、視界が急に悪くなりますので、心理的に不安になります。加えて、路肩がほとんどなく側壁の圧迫感が強くなるために、ますます不安になり知らず知らずのうちにスピードを落としてしまうのです。

 ところが、毎日高速道路を走行するような運転経験の豊富な人は、暗いトンネル走行にも慣れていてあまりスピードを落としません。そういう車は遅い車が前にいるとすぐに追いついてしまい、真後ろにピタッと付くように走行することがあります。


 このように、高速道路のトンネル内はスピードの違う車が入り混じって走っていることがあり、危険な状況を生むことになります。
 トンネル内では、スピード差を頭に入れ、車間距離をとって走行するようにしてください。

(2011.10.07更新)

「もらい事故でもこれだけの過失がある」は、たとえ「もらい事故」でも過失が発生し、高額の損害賠償が生じた判例を紹介しています。

「もらい事故だから仕方がない」という意識を改めることができる教育教材です。

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

3月25日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。