フェリー内の飲酒に注意

 仕事にしろ、レジャーにしろ、フェリーに車を乗せて移動することがあります。フェリーの乗車時間が長くなると、その間につい酒を飲んだりすることがあると思いますが、「飲酒運転」にならないように、飲み方にはくれぐれも注意してください。フェリー内で飲み過ぎて飲酒運転になるケースがあるからです。


 フェリーで寝る前に寝酒として飲んだり、退屈しのぎに飲んだりすることを否定することはできませんが、問題はフェリーが目的港に到着して車に乗るときには、アルコールが体内から完全に抜けているという飲み方ができるかどうかです。

 一般的に、500ml缶のビール1本を飲めば、4時間はアルコールが抜けないと言われています。これを逆算して考えれば、フェリーが目的地に着く4時間前までに、500ml缶のビール1本を飲み終らないといけないことになります。
 これ以上の酒を飲んだり、到着間際まで飲んでいたりすると、アルコールが完全には抜けておらず、そのまま運転すると飲酒運転になってしまいます。


 適正な飲酒量を自分でコントロールするのは、簡単なことではありません。ついつい飲み過ぎたり、適切な時間で飲むのを辞めることができないことがよくあります。
 したがって、フェリー到着後に車を運転する場合には、できるだけフェリー内では飲酒をすることは避けたほうが賢明ではないかと思います。

(2011.10.13更新)

交差点トラック編

 シンク出版では、トラックドライバーのための教育用教材「交差点事故の危険度をチェックしよう~トラック編」を好評発売中です。

 

 自分自身で運転の弱点に気づき、行動目標を設定することで事故防止を図ることを狙いとしています。

【詳しくはこちら】

 

過去の朝礼話題
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

6月17日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。