違反が多い人は事故を起こす可能性が高い

 皆さんのなかには、「違反はしたことはあるが事故はしたことがない」という人は、結構いらっしゃるのではないでしょうか。
 そういう人は、運転に対するプライドが高く、絶対に事故だけは起こさないと思っておられると思います。


 しかし、「違反をする人はやがて事故を起こす可能性が高い」と昔からよく言われることですが、それを裏付けるデータがありますので、今日はそれを紹介したいと思います。


 下の表は、交通事故総合分析センターが2001年から3年間に犯した違反の回数別に、その後3年間にどれくらい事故を起こしているかを調べたものです。
 それによりますと、3年間に違反を1回も犯していない運転者は、その後3年間に事故を起こした割合はわずか2.1%ですが、違反を5回以上繰り返している運転者は、その後3年間に7.9%も事故を起こしており、約4倍も高くなっています。


 つまり、過去に違反を繰り返して犯している運転者ほど、その後事故を起こす確率が高くなっています。
 違反をする人は、それだけ順法精神が低いということでから、それを繰り返す人は、ルール無視の行動を取りやすく、それが事故にも結びついていくのだと思います。

違反回数別の事故発生率

(2011.11.15更新)

交通違反のリスクに気づこう!

 「違反だから…」と甘く見ていると、いずれは事故につながります。

 

 「交通違反のリスク診断」は、56の質問に「ハイ」、「イイエ」で答えて、「スピード違反」や「通行区分違反」など、どのような違反を犯しやすい危険性があるかを知ることができる交通違反防止のための教育教材です。

【詳しくはこちら】

過去の朝礼話題
今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

1月17日(木)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。