アルコール依存症になりやすい酒の飲み方をしていませんか

 飲酒運転の常習者のなかには、アルコール依存症の人が少なくないと言われています。


 アルコール依存症は、酒がなくてはいられなくなる病気で、酒が切れると、イライラしたり、手が震える、脂汗が出るなどの症状が現れ、遂には幻覚を見るようになります。
 だらしのない人の病気だと思われがちですが、基本的には誰でもかかる可能性がありますので注意してください。

 アルコール依存症は、毎日大量に飲酒する人がなりやすいと言われています。そして、一般的に男性よりも女性のほうがアルコールの影響を受けやすいと言われています。

 たとえば、男性の場合は大量飲酒を20年以上続けると、依存症や肝臓障害を起こす危険性が高まりますが、女性の場合には男性より少なめの飲酒でも10年で発症する例があります。

 

 他にも、「一人で飲む」「休日に昼間から飲む」「やけ酒を飲む」「夜に寝れないから飲む」「強い酒を一気に飲む、食べずに飲む」などの飲み方は、依存症になりやすいと言われています。


 さらに、「今夜はやめておこうと思っても、つい飲んでしまう」、「体調が悪くても飲んでしまう」などという行動をとるようになったら要注意です。


 アルコール依存症になれば、治療法は断酒以外にありません。


 心当たりのある人は、お酒の飲み方を改めてください。

(2011.11.24更新)

 「まさか自分が飲酒運転をする訳はないだろう」と思っていませんか?

 

 そんなセーフティードライバーの方でも、ちょっとした油断や気の緩みで「飲酒運転の落とし穴」に陥ってしまう事例が後を絶ちません。


 シンク出版では、飲酒運転をするつもりがない人でも酒気を帯びて運転をしてしまう危険性を解説した「酒気残りによる飲酒運転を防ごう」を発刊しました。

 

【詳しくはこちら】

過去の朝礼話題
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

5月24日(金)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。