踏切通過時のギア操作は厳禁!

JRのホームページに掲載された踏切事故対策
JRのホームページに掲載された踏切事故対策

 皆さんは、踏切を通過するときどんなことに気をつけていますか?

 さる11月1日に埼玉県で、ダンプカーが踏切でエンストして立ち往生し電車と衝突、乗客4人がけがをする事故が発生しました。ダンプカーは一時停止せずに踏切内に時速約5キロで進入したうえ、シフトレバー操作を誤ってエンストしたようです。

 元々、クラッチの調子が悪く修理工場まで行く途中だったそうですが、そんな車であればなおさら一時停止する必要があったと思います。
 教習所で、MT車の場合「踏切通過時は、ギア操作をしない」と習ったことがあると思いますが、踏切内のエンストは事故に結び付く可能性が高いので、変速操作は本当に危険であることがわかります。

 またAT車でも、エンストなどのトラブルが全くないとは言えません。さらに、脱輪などで立ち往生した車と電車が衝突するケースもありますので、踏切の通過時は慎重にしましょう。

 なお、もし踏切通過時に脱輪などのため立ち往生した場合、すぐ踏切に設置されている非常ボタンを押して、列車に危険を知らせましょう。非常ボタンのない踏切の場合は、車についている発炎筒を使って知らせます。

 自分の車のどこに発炎筒がついているか、わからない人はいませんか。今日、さっそく確認しておきましょう。

 交通事故の多くは、ドライバーのちょっとした勘違いや安全確認もれなど「うっかり」ミスで発生しています。 

 シンク出版では、うっかり事故の3大要因である「先急ぎ」「わき見・漫然」「思い込み」の危険度をチェックする「うっかり事故の危険度をチェックしよう」 を好評発売中です。

 この冊子は、自分がどのようなときに「うっかり」しやすいかをチェックし、具体的に知ることのできる教育教材です。

活用方法はこちら

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

1月17日(木)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。