高速道路を降りるときはスピードの錯覚に気をつけて

 年末年始の休暇を利用して、高速道路を利用する機会があると思います。高速道路を利用すれば便利な面がある反面、危険も多いので注意が必要です。

 

 今日は、誰でも陥る「スピードの錯覚」について話をしたいと思います。

 

 最初、高速道路に進入したときには、スピードの感覚に慣れていなくてあまりスピードを出しませんが、そのうち慣れてくるとスピードに順応して、スピードを過小評価するようになります。そうなると、スピードを出しても怖いという感覚がなくなり、下り坂などで知らず知らずのうちにスピードオーバーになっても危険だと感じなくなります。

 

 こうしたスピード感覚の麻痺でいちばん怖いのは、高速道路を降りるときです。高速道路を長く走行していると、スピードを十分に落としたつもりでも十分にスピードが落ちていなくて、料金所へ向かう途中のランプウェイでスピードオーバーで進入し、曲がり切れずに路外に逸脱したり、側壁などに衝突する事故が起こります。

 

 高速道路を走行するときには、ときどきメーターでスピードを確認しながら走行するとともに、高速道路を降りるときには、スピード感覚が鈍っていることを認識し、十分過ぎるほどスピードを落とすことを心がけてください。

 

(2011.11.29更新)

過去の朝礼話題
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

5月21日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。