ペダルの踏み間違えに注意しよう

 最近、アクセルとブレーキの踏み間違えて、店舗に車が突っ込んだり、駐車場のフェンスを破って飛び出したりする事故が多発していますね。
 なぜ、ペダルを踏み間違えるのか、いろいろと原因があると思いますが、九州産業大学の松永教授が行った実験によりますと、次のようなことがわかりました。


 運転中にちょっと注意をそらすような出来事があると、脳の注意力が低下して、そのときブレーキを踏もうとすると、被験者は普段から操作回数の多いアクセルペダルのほうを誤って踏む確率が増えたということです。
 また、車庫入れなどのバック運転時にも踏み間違いは多く起きていますが、これもシミュレータを使って実験してみると、被験者は後方を見ようとして体をねじったときに、アクセルとブレーキの正しい位置を把握できなくなる傾向があるということです。


 なかには、ブレーキを踏んだつもりで、アクセルばかり踏んでる人もいました。踏み間違えたらすぐにおかしいと思い、修正するのですが、ブレーキを踏んでるつもりでアクセルを踏んでいると「ブレーキが効かない」とパニック状態になり、さらにアクセルを踏み込んでしまうのです。


 ペダルの踏み間違いは、年齢や運転経験などに関わらず、誰でもに起こります。
 発進するときには、すぐにアクセルを踏み込むことはせず、クリープ現象を利用してゆっくり発進し、徐々にアクセルを踏み込む運転を心がけてください。

(2011.12.02更新)

●ドライバーの事故防止教育に最適!

 シンク出版では、うっかり事故の3大要因である「先急ぎ」「わき見・漫然」「思い込み」の危険度をチェックする「うっかり事故の危険度をチェックしよう」 を好評発売中です。

 

 この冊子は、自分がどのようなときに「うっかり」しやすいかをチェックし、具体的に知ることで、ドライバーの自覚を促す教育教材です。

 

【活用方法はこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

3月26日(火)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。