後部座席のシートベルト着用率は横ばい

クリックすると拡大します
クリックすると拡大します

  JAF(日本自動車連盟)と警察庁では、毎年10月1日から10月10日の間、全国各地で「シートベルト着用状況全国調査」を実施していますが、このほど今年の調査結果が発表されましたので紹介します。


 一般道路での運転者の着用率は97.5%(前年97.3%)、助手席同乗者の着用率も92.7%(前年92.2%)と高い数字を示しています。
 高速道路等での運転者の着用率は、99.3%(前年99.2%)、助手席同乗者も97.3%(前年97.0%)と、ともに前年同様97%を超える高い着用率となりました。


 その半面、着用率が低いのが後部座席同乗者のシートベルト着用率です。
 着用が義務づけられている高速道路等での後部座席同乗者のシートベルト着用率は63.5%で、前年の63.7%より若干ですが下がっています。一般道路での着用率は、高速道路等の約半分しかなく33.2%と、前年の33.1%と比較してほぼ横ばいとなっています。


 これまでも紹介しましたが、後部座席でシートベルトを着用していないと、次のような危険があります。
 ①車内のピラーやシートなどに激突し自らが傷害を負う
 ②運転者や助手席同乗者へぶつかり危害を加える
 ③窓などから車外に放出される


 後部座席に乗るときは、シートベルトを着用することはもちろんですが、人を乗せるときにもシートベルトの着用を呼びかけてください。

(2011.12.7更新)

 「当てられた!」自分が交通事故の被害者だと思っていたら、過失相殺で思わぬ損害賠償を請求されることが……。

 

 「もらい事故でもこれだけの過失がある」は、たとえ「もらい事故」と思われるような事故でも、実際には大きな過失割合が発生することを学ぶとともに、高額の損害賠償が生じた判例を紹介しています。

 

 「もらい事故だから仕方がない!」という意識を改め、事故防止の重要性を学ぶ教材です。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

3月27日(水)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。