よい睡眠がとれていますか?

 皆さんは、最近、午前10時から12時の間に眠くなったり、体調不良を感じることはありませんか?もし、そんな兆候を感じるなら、睡眠不足を疑いましょう。運転していてもミスを起こす危険性が増します。

 本来、この時間帯は人間がもっとも覚醒する時間帯で、心身のパフォーマンスが一番いい状態にあるはずです。
 前夜、とくに夜更かしをした覚えがない場合は、就寝中に眠りが浅くなったり途切れる睡眠障害を起こしている可能性があります。睡眠時無呼吸症候群などの病気ではなくても、ストレスや環境の悪化で、よい睡眠が取れなくなることがあります。

 最近の研究では、夜10時以降は起きている状態でも、あまり強い光に身体をさらさない方がよいことがわかって来ました。強い光はメラトニンなど抗酸化ホルモンの分泌を抑制し、スムーズな眠りにつくことを阻害するとともに、細胞の修復なども進まないので、翌朝になっても疲れが取れないのです。眠っている間に部屋を明るくしておくのもよくありません。
 抗酸化ホルモンの分泌を長期間にわたって抑えると、老化が早く進むと言われています。

 夜10時を過ぎたら居住空間全体の照明を落として、落ち着いた雰囲気で就寝を準備し、安らかな眠りを確保してください。

(2012年1月6日更新)

 「まさか自分が飲酒運転をする訳はないだろう」と思っていませんか?

 

 そんなセーフティードライバーの方でも、ちょっとした油断や気の緩みで「飲酒運転の落とし穴」に陥ってしまう事例が後を絶ちません。


 シンク出版では、飲酒運転をするつもりがない人でも酒気を帯びて運転をしてしまう危険性を解説した「まさか自分が飲酒運転をするなんて」を発刊しました。

 

【詳しくはこちら】

過去の朝礼話題
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

3月25日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。