後席ベルト非着用で死亡率は3.5倍に!

シートベルト非着用死亡率
イタルダ・インフォメーション№92より

 先日、後部座席同乗者のシートベルト着用率が依然として低いというお話をしたのを覚えていますか?

 交通事故総合分析センターによる最新の分析資料によると、死傷事故が発生したときの後席シートベルト着用率は60%程度で、前席運転者の98%や助手席同乗者の96%と比べると、かなり下回っています。


 さらに、後部座席でシートベルトを着用しなかった場合の死亡率は、着用した場合の3・5倍という高い値です。
 また、時間帯や年齢層別の分析によると、深夜から夜明け前後の時間帯に起きている死傷事故ではとくに非着用者率が高く、年齢層別では16歳~24歳の非着用率が顕著に高いということもわかりました(※)

 後部座席のシートベルト非着用の危険は繰り返し指導しないと、なかなか人々の意識は変わらないと思いますので、皆さんも家族を乗せてドライブする際は、後部座席シートベルトの必要性を述べて、完全に着用するまで確認してください。

 とくに若い人の深夜運転などで後席に乗る人の着用率が低いことを意識して、若者には「シートベルトをしないで安全な席はどこにもない」ことを強調してください。
 ※イタルダ・インフォメーション№92(2012.1発行)より

(2012.01.23更新)

「違反だから…」と甘く見ていると、いずれは事故につながります。

 

 「交通違反のリスク診断」は、セルフチェック形式で違反傾向を知ることができる交通違反防止のための教育教材です。

 56の質問に「ハイ、イイエ」で答え、「スピード違反」や「通行区分違反」など、どのような違反を犯す危険性があるかを知ることができます。

 

 【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

5月22日(水)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。