寒冷地では駐車時の凍結防止対策を行おう

  2月は1年のうちでもっとも寒い時期ですが、今年は一段と寒いですね。
 今日は、スキー場などの寒冷地に出かけたときの駐車時のトラブルと対処方法についてお話したいと思います。
 寒冷地のドライバーなら常識的なことばかりですが、知らないとトラブルに巻き込まれますので、次の点に注意してください。


①ワイパーは立てておく
 寒冷地では、ワイパーを立てずにそのまま放置しておくと、ワイパーブレードがウインドに凍りついて、朝出発するときに、いざ使おうと思っても動かなくなってしまいます。もし、凍った場合は霜取りスプレーをかけてください。


②サイドブレーキはかけない
 サイドブレーキをかけていると、ワイヤーなどが凍って解除できないことがありますので、使用しないことです。
 MT車ならローギアかバックギアに入れ、AT車ならPレンジに入れておきます。いずれの場合も、輪止めをしておけば確実です。


③カギ穴などは霜取りスプレーをかける
 ドアのカギ穴に着いた雪などが凍って、キーが入らなくなることがあります。駐車するときに、カギ穴に霜取りスプレーをかけておいたり、カギ穴をガムテープなどで塞いでおきましょう。

(2012年2月3日更新)

★どのような場面で「うっかり」してしまいやすいか、自分でチェックしてみませんか?

 

 チェックシリーズ「うっかり事故の危険度をチェックしよう」は、うっかり事故の3大要因である「先急ぎ」「わき見・漫然」「思い込み」の危険度を自分自身で知ることができる冊子です。

 

 自分がどのようなときに「うっかり」しやすいかを自覚し、具体的な安全運転目標を立てましょう。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

1月21日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。