安全運転の極意は危険要因に近づかないこと

 車を運転していると、その場所ごとに危険な要因があり、事故を起こしそうになった経験が少なからずあると思います。そういう場所は、なるべく通行しないようにしたいものです。

 

 私の先輩から、こんな話を聞いたことがあります。

 自宅付近に交差点の手前が下り坂になっているところがあり、そこは通学自転車などがかなりのスピードで交差点に突っ込んで来るので、そこでは左折しないようにしているということでした。
 聞いてみると、まだ遠くにいると思った自転車が、思いのほかのスピードで来ていて、左折するときに自転車と衝突しそうになった経験があるそうです。

 

 先輩の家は、その交差点を左折するほうが近いのですが、それ以来もう一本先の交差点まで行って、そこで左折して帰っているというのです。

 少し遠くなるのですが、近いからと言ってその交差点を左折して万一事故を起こすと、取り返しがつかないことになるからと言っていました。


 皆さんも、こうした経験はきっとあると思います。あそこは子どもが飛び出してきて危険だな、といった場所が一つや二つはあるはずです。そうした場所は、なるべく通行しないようにしましょう。
 
 安全運転の極意は、危険要因に近づかないことです。危険要因があれば、そこから逃げることを心がけてください。

(2012年2月21日更新)

■交差点事故の危険をチェックしよう

交差点とその付近は、全事故の5割以上を占める事故多発地点です。

 

 シンク出版では、交差点を「左折」、「右折」、「直進」するときの運転ぶりをセルフチェックし、それぞれの危険度を理解することができる参加型教材、「交差点事故の危険度をチェックしよう」(一般車編とトラック編が有)を作成しています。

 

 交差点事故防止に最適として、好評発売中です。 

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

1月21日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。