雨の日は歩行者の危険行動に注意しよう

 雨の日に運転するのは、フロントガラスに雨滴などがついたりして周囲が見えにくくなるので、あまり運転したくないという人は多いと思います。


 周囲が見えにくくなるというのは、車だけでなく傘を差した歩行者も同じです。
 傘を差した歩行者は、傘が邪魔になって周囲が見えないまま歩いていることがあります。とくに、横なぐりの雨が降っている場合には、傘を斜めに倒していますから、まったく見えていません。そのため、車が接近しているのに気づかずに横断を始めたりすることがあります。


 雨の日は、歩行者も周囲が見えにくい状態で歩いているということを十分に自覚し、歩行者は車が見えていないと考え、いつ横断を始めて対処できるようにスピードを落として近づきましょう。


 もう一つ注意したいのは、雨が歩行者の行動に微妙な影響を与えるということです。
 歩行者は、雨に濡れたくない、早く目的地に着きたいために、信号を無視して無理な横断をしたり、横断歩道まで行かずに強引に道路横断を始めることがあります。


 歩行者は、「雨に濡れたくない」⇒「ルールを無視した危険な行動をとる」ということを頭に入れ、青信号の交差点を通過するときでも、「信号無視して飛び出してくるかもしれない」と考えて、歩行者の動きに十分に注意して運転してください。

(2012年2月23日更新)

運転場面に加え、運転者の心理の危険も予測できる

危険予測訓練ツールです

 

 「危険予測訓練12か月」はパワーポイントとPDFファイルを収録した危険予測訓練ツールです。

 1月~12月まで季節に応じた運転場面を用意していますので、季節に応じた危険予測訓練を実施していただくことができます。

詳しくはこちら

 
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

3月25日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。