広場などで免許取得前の運転練習はやめよう

たとえ交通量が少なくても危険(写真は事故現場ではありません)
たとえ交通量が少なくても危険(写真は事故現場ではありません)

 皆さん、自分の子どもや後輩などが運転免許を取得するとき、近所の広場で車の運転練習に付き合ったりしたことはありませんか。


 自分の子どもなどが、教習所に通いはじめてからある程度運転できるようになると、自分の車を持ち出して、広い駐車場や河川敷などで運転の練習をさせたりすることがあります。

 広い場所なら安全だろうと、気軽な気持ちなのでしょうが、運転未熟なことには変わりはないので、それなりの危険を伴います。

 

 先日、和歌山県で運転練習中の乗用車が川に転落し、運転していた大学生が死亡するという事故が起きています。
 和歌山県の紀ノ川の河川敷で、大阪府の大学生が自分の父親を助手席に乗せて運転練習をしていたところ、アクセルとブレーキを間違えて車ごと川に転落して水没しました。

 

 父親は自力で脱出して無事でしたが、大学生は約20分後に救出されましたが、間もなく死亡しました。
 河川敷と言えども、無免許の者が車を運転することは違反ですし、何よりも問題なのは一般の乗用車には教習所の車のように助手席にブレーキが付いていないということです。

 

 したがって、運転練習しているときに「危ない」と思っても、車を止めることができず、最悪の場合には事故になりかねません。


 自分の子どもや後輩などが運転免許を取得するとき、少しでも車の運転に慣れていたほうが有利だろうと練習させる気持ちは分かりますが、常に事故の危険も伴いますので、絶対にやめてください。

(2012.3.21更新)

交通事故防止教材のご案内

 「危険予測訓練12か月」は運転場面の危険だけではなく、運転者の心の中の危険も読む新しいタイプの危険予測訓練ツールです。

 季節に応じた問題を12場面用意していますので、月に1度使用すれば1年間を通じて危険予測訓練を行うことができます。

【詳しくはこちら】

交通安全朝礼話題
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

3月25日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。