前後6台の車を意識して運転しよう

 安全運転の極意の一つに、「前後左右6台の車を意識して運転しよう」という言葉があるのはご存じでしょうか。


 これは、言うまでもなく、運転中、ややもすると前方だけに気をとられがちになりますが、できるだけ周囲の状況にも注意を払って運転することが大切だという意味です。


 まず、前方ですが、最低限前2台の車の動きはつかむようにします。前車だけではなく、その前の車の動きも意識していれば、前車の動きも予測できるというわけです。
 たとえば、前車の前の車が右にウインカーを出せば、前車は当然ブレーキを踏んで減速しますので、自車もそれに対する心構えができるというわけです。

 

 また、後方もすぐ後ろの車とその後ろの車2台の動きを意識します。後ろから車間距離を詰めてきたり、追い越そうとしている車がいないかを常に意識しておきます。
 それから、左右1台ずつの車の動きにも注意しましょう。車線変更をしてきたり、割り込んでこないかをチェックしておきます。

 

 自分の車だけでなく、前後左右にいる計6台の車を意識して運転していれば、急な事態にも対処できます。運転するときは常にそういう心構えを持って運転してください。

危険予測訓練教材のご案内

 「危険予測訓練12か月」は交通場面の危険だけではなく、運転者の心理に潜む危険も予測する新しいタイプの危険予測訓練ツールです。

 

 季節特有の危険要素を取り入れた問題場面を12か月分(12シート)用意していますので、時宣に応じた危険予測訓練を実施することができます。

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

3月25日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。