交通安全運動を意識していますか?

 ご存じのように、毎年恒例の春の全国交通安全運動が4月6日(金)から15日(日)までの10日間にわたって実施されます。


 交通安全運動が始まると、警察官が街頭に多く出ているのでイヤだ、走りにくいなどという人がいます。警察官がいると走りにくいというのは、日頃からあまりマナーのよい運転をしていない証拠です。マナーのよい運転をしている人はそんなことを感じる必要がないからです。


 皆さんは、日頃からマナーのよい運転をされていると思いますが、今年は一歩進んで交通安全運動を意識した運転を心がけていただきたいと思います。

 

 運動の基本テーマは、「子どもと高齢者の交通事故防止」です。

 

 まず、運動期間中は、子どもと高齢者との事故を絶対に防ぐという強い意識で運転してください。
 この時期は、とくに新入学児童が事故にあいやすい季節ですので、通学時間や下校時間に学校の付近を走行するときには、子どもの動きに注意し、安全確認を怠らないようにしましょう。


 同じように、病院やゲートボール場の付近など、高齢者が多く集まる場所を通行するときには、十分に注意して走行してください。とくに、高齢者の場合には、予測不能な動きをすることがあるので、「出て来ないだろう」「止まってくれるだろう」などと安易に考えてはいけません。

 

【平成24年 春の全国交通安全運動の概要はこちら】

交通安全啓発資料のご案内

「うっかり事故の危険度をチェックしよう」は、どのような運転場面で「先急ぎ運転」「わき見・漫然運転」「思い込み運転」に陥るかをチェックし、「うっかり」による交通事故防止をはかる教育教材です。

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

5月20日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。