若者同士で乗っているときは危険認知速度が高い

 皆さん、「危険認知速度」という言葉をご存じでしょうか。


 これは、交通事故を起こした車の運転者が危険を感じた運転者が、ブレーキやハンドル操作などの危険回避措置をとる直前の走行速度を差します。
 この危険認知速度は、若年運転者の場合、助手席に自分と同じ年齢かそれ以下の若者を乗せているときは、高くなるという興味深いデータが発表されました。

 

 交通事故総合分析センターが発行している「イタルダ・インフォメーション」(№93)によりますと、18~29歳の運転者が、前席の助手席に13~17歳、18歳~29歳という自分と同じか、少し下の年齢層の人を同乗させているときには、その他の年齢層の人を同乗させているときと比較して、危険認知速度が5~10キロ以上も高いということです。

 

 若者同士が乗っていると、「かっこいいところを見せたい」「運転が下手だと思われたくない」などの心理が働きがちで、それが運転速度の高さに結びついていると言えます。


 他の年齢層の運転者では、前席同乗者の年齢層に関係なく時速30キロ付近に集中していますので、若年運転者の行動が際立っています。


 同乗者がいると、気分が高揚してついスピードを出してしまうという人は、意識してスピードを落として運転してください。

(2012.4.6更新)

■危険予測訓練用CD-ROMのご案内

「危険予測訓練12か月」は、交通場面の危険だけではなく、運転者の心理に潜む危険も予測する、新しいタイプの危険予測訓練ツールです。

 

 季節特有の危険要素を取り入れた問題場面を12か月分(12シート)用意していますので、PDFを印刷して配布したり、パワーポイント(※)を使用して指導するなど、時宣に応じた危険予測訓練を実施することができます。

 

【詳しくはこちら】

※パワーポイントはマイクロソフト社の登録商標です。

交通安全朝礼話題
今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

1月21日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。