扁平タイヤは空気圧チェックを頻繁に

扁平タイヤは空気容積が小さい
扁平タイヤは空気容積が小さい

 皆さんが乗っておられるマイカーには、扁平タイヤを装着されている方もおられると思います。
 今日は、扁平タイヤの管理上に注意点をお話したいと思います。管理上のいちばんのポイントは空気圧のチェックです。


 扁平タイヤの場合、標準タイヤに比べて扁平率が小さくなりますから、当然タイヤ内部の空気容積(エアボリューム)が少なくなります。扁平率70%のタイヤのエアボリュームは、標準タイプのタイヤに比べて、約半分になると言われています。


 また、空気容積が小さい分、高速で回転するとタイヤ内部が高温になり、空気の分子が活発に運動するために抜けやすくなります。そのため、扁平タイヤには高圧に充填されているのです。
 さらに問題なのは、扁平タイヤは外見から空気圧が低下していることがわかりにくい点です。標準タイヤなら少しへこんでいるなというのはわかりますが、扁平タイヤは空気圧が減っていてもほとんどわかりません。


 こうしたことを考えますと、扁平タイヤを装着している場合には、こまめな空気圧管理が必要であることがわかります。
 最低、月に1回の割合で空気圧をチェックしてください。それが無理なようであれば、給油のときには必ずチェックすることを習慣づけましょう。

(2012.4.11更新)

交通事故防止教材のご案内

管理者の危機管理能力をレベルアップさせることができます

 

 本ソフトは安全運転管理上のさまざまなリスク要素が含まれたイラストをみて、どのようなリスクが考えられるかを予測することによって、管理者の危機管理能力を高めるソフトです。

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

1月21日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。