信号が気になるときは「急ぎの心理」に注意!

信号で止まりたくないと思っていると……
信号で止まりたくないと思っていると……

 いつも走る走行経路なのに、普段よりたびたび赤信号にひっかかり、「今日はどうもツイていないな、時間がかかるじゃないか」と気になることはありませんか?

 

 そんなとき、あなたは「急ぎの心理」に陥っている可能性があります。信号が気になるということは、わずかな時間の遅れにも敏感になっているということですから。
 
 信号でよく止まると感じるのは、いくつか理由が考えられます。時間帯が違うと交通量が変わって流れの走行スピードが変化します。車が増えてくれば、道が空いているときより速度は遅くなり、信号で止まる回数も増えるかもしれません。

 また、交通量の増減に応じて、信号の制御タイミングが変わっているかもしれません。

 いつもは早めに出発する人が、普段より少し遅く出た日などは、時間に余裕が無いだけによけい信号の変化が気になって、「赤信号にかかってしまう!」と感じる回数も増えるものです。こんなときこそ「信号で止まるのは仕方がない」とあきらめて、心を落ち着かせてください。
 間違っても、赤に変わる前に通過しようと考えて、普段より車間距離を詰めたり、交差点の手前で速度を上げたりしないでください。
 事故は、普段とは違う状況で気が急いて、余裕がなくなっているときに起こりやすいのです。

(2012.4.24更新)

 交通事故のほとんどは

 ドライバーの「うっかり」で起こる

 

 「うっかり事故の危険度をチェックしよう」は、事故の3大要因である「先急ぎ」「わき見・漫然」「思い込み」の危険度をチェックする運転者向け教育資料です。

 

 自分が、どのようなときに「先急ぎ心理」や、「わき見・漫然」、「思い込み」に陥りやすいかをチェックし具体的に知ることが大切です。事故を防ぐためには何に気をつければよいか、気づくことができます。

 【詳しくはこちらを参照

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

5月22日(水)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。