ディーゼルエンジンの特徴を知っていますか

  日頃、ガソリンで走る乗用車に乗っている人は、トラックなどが搭載しているディーゼルエンジンのことは、あまり知らないと思いますので、その特徴を話してみます。


 ディーゼルエンジンは、燃料として軽油を使いますが、これは軽油の着火点が低いことを利用したものです。
 軽油が自然着火する温度はおよそ350度位、ガソリンは500度位と言われています。空気を圧縮すると、温度が400度以上に上がりますから、そこに軽油を吹きこむと、自然に着火して瞬間的に燃え上がり、ガソリンエンジン同様に回転をします。

 

 したがって、ディーゼルエンジンには点火プラグがありません。
 また、ディーゼルエンジンは、常に空気を一杯吸い込んで圧縮しますから、燃料の量で出力を加減しています。


 ですから、アクセルペダルは、燃料ポンプと直結していて、スロットルバルブがないので、ガソリンエンジンのようなエンジンブレーキは効きません。そのため、大型トラックなどには排気ブレーキが取り付けられています。

 

 また、軽油の燃焼速度(シリンダーのなかで燃料が燃える速さ)は遅いので、エンジンの回転はガソリンエンジンほど速く回転しません。
 そのかわり、高い圧縮をつくるためにストロークが長くて燃焼している時間が長いので、低速トルクが大きく、粘りのあるエンジンとなっています。

(2012.6.8更新)

■トラックドライバーの安全運転指導に最適なDVD

 トラック運転者として知っておかなければならない安全運転の基本知識をまとめたDVDです。

 

 車の乗降りの仕方やハンドルの持ち方などを解説した「運転準備編」と、右折や左折などの運転中の注意ポイントをまとめた「運転実践編」で構成されており、全ての項目(30分)を一度に見ることもできますが、視聴したい項目(1~3分)を選んで見ることもできます。

 

 それぞれの項目は質問形式となっていますので、視聴者は考えながら見ることができ、安全運転のポイントを理解していただくことができます。

 

【詳しくはこちら】

今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

5月22日(水)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。