鳥のフンはすぐに拭き取ろう

 車を止めていたときに、ルーフやボンネットなどに鳥のフンを落とされた経験は誰もが持っていると思います。


 最近、イギリスで鳥のフンの被害を受けやすいボディカラーの調査が発表されましたので、紹介します。
 マンチェスターやグラスゴーといったイギリス全土の5都市で、1,140台についてボディカラーによって鳥のフン害を被る確率が異なるかどうかを調べたものです。

 

 いちばん被害が多かった色は、赤色の車で18%、続いて青色の車が14%、黒色が11%という結果でした。いちばん被害が少なかったのは緑色で、わずか1%でした。
 また、「車に付いたフンをいつ掃除するか」という質問に対して、「すぐにキレイにする」と答えた人は6人に1人の割合にとどまり、半数以上が「次に洗車をする時まで放置する」と答えています。

 

 鳥のフン害は、駐車している地域や場所にも左右されるので、車の色によって被害を被りやすいかどうかはにわかに信じがたいのですが、付着したときにはすぐに拭き取る必要があります。


 鳥のフンは、強い酸性またはアルカリ性のものがあり、長い間塗装に付着した状態にしておくと、腐食してしまいます。
 とくに、夏の炎天下では塗装膜への侵食が早い傾向にありますので、付着を発見したらすぐに拭き取ってください。

(2012.7.3更新)

■トラック・バス運行管理者手帳を好評発売中です

トラック・バス 運行管理者手帳
バス版(左)・トラック版(右)があります

 シンク出版では「トラック運行管理者手帳」「バス運行管理者手帳」を好評発売中です。

 

 両手帳とも、管理者が知っておきたい知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめて1冊に収録し、最新の法令改正にも対応しています。

 

 2018年版より、カバーにペンホルダーをつけ、付録として「免許取得時期による運転可能車両」の一覧表を記載した下敷きを追加しますます便利になりました。 

 

 

【詳しくはこちら】

 

過去の朝礼話題 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

5月20日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。