相手が一時停止しても安心しない

一時不停止

 住宅街などを走行しているときに、見通しの悪い交差点を通過することはよくあります。


 そのとき、交差道路側に一時停止標識があり、そこから車が来ていて一時停止したからそのまま通過しようとしたところ、その車も発進して出合頭に衝突しそうになったことはありませんか。

 

 一時停止したのに、なぜ出てきたのだろうを思うことがありますが、このような車をよく観察すると、一時停止をしているように見えても、キッチリと一時停止をしていません。徐行程度のスピードダウンで済ましています。

 

 相手車の立場になって考えると、よくわかります。
 見通しの悪い交差点を通過するとき、最初はキッチリと停止していても、だんだんと徐行程度で通過しようとしていませんか。なかには、「ここはいつも車が来ないから」と、初めからスピードをちょっと落としただけで通過することもあります。そういうときは、たいていおざなりの安全確認で済ましていますよね。

 

 ですから、一時停止をしても見ているふりをしているだけで、交差車両からくる車を確認しているとは限らないのです。

 

 見通しの悪い交差点では、交差道路から来ている車はボンネットなどの車体前部の一部しか見えていません。その車が一時停止した、あるいはしそうになったからといっても、相手の運転者が自分の車を見ていると考えないことです。

(2012.7.10更新)

交通事故防止教育教材のご案内

交差点事故

 交差点とその付近は、もっとも事故が多発する地点です。

 

 本冊子は、交差点における「右折」「左折」「直進」時の運転行動をチェックし、自分自身の行動の危険度を理解したうえで、運転目標を設定し、事故多発地点である交差点での事故防止を図るための教材です。

 

【詳しくはこちら】

過去の朝礼話題
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

5月27日(月)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。