「危険認知速度」って知っていますか?

   皆さん、事故統計などに見られる「危険認知速度」と言う言葉を、ご存知でしょうか?


 これは、交通事故の当事者になった自動車などのドライバーが、相手車両などの危険を認知して、ブレーキやハンドル操作などの危険回避措置をとる直前までの走行速度のことで、「事故直前速度」などとも呼ばれています。

 

 これは、事故車のブレーキ痕や損壊の程度、事故当事者の証言などから、事故の直前のスピードを推測したものですが、このスピードが高ければ、当然死亡事故につながりやすくなります。

 

 たとえば、自動車と歩行者の事故で、危険認知速度が40キロを超えると、死亡事故の割合が急に増加し、時速50キロになると時速40キロの2倍も高くなることがわかっています。

 

 ドライバーのなかには、危険を回避する場合に、すぐにハンドルで避けようとする人がいますが、これは非常に危険な運転行為です。万一、危険を避けられたとしても、車のコントロールを失って路外逸脱などにつながりやすいですし、避けられなかった場合には、スピードを出したまま衝突することになり、重大事故につながりやすくなるからです。


 前方に、危険を感じたら、まずブレーキを踏んでスピードを落とすことが大事です。事故直前のスピードが5キロでも10キロでも落ちていれば、それだけ衝撃力が少なくなり、被害も軽減されるからです。

(2012.8.17更新)

■トラック・バス運行管理者手帳を好評発売中

 シンク出版では「トラック運行管理者手帳」「バス運行管理者手帳」を好評発売中です。

 

 両手帳とも、運行管理のために知っておかなければならない知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめて1冊に収録し、最新の法令改正にも対応しています。

 

 2018年版より、カバーにペンホルダーをつけ、付録として「免許取得時期による運転可能車両」の一覧表を記載した下敷きを追加し、ますます便利になりました。 

 

【詳しくはこちら】

過去の朝礼話題 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

11月21日(木)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──ハラスメント、ビジネスマナー教育用DVDの取扱いを開始しました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。