車外放出を防ぐにはシートベルトが必要

 夏休みのレジャーやお盆の帰省などでも交通事故が多く発生したようです。ニュースを見ていて気になったのは、自損事故や接触事故などから派生した中央分離帯への衝突事故などで、後部座席から車外放出されている人が多いことです。

 車外に放出された人の多くが、死亡するか、頭蓋骨骨折などの重傷を負っています。8月9日に長野県駒ケ根市で追越し中に2台の車が衝突した事故では、6人が死傷しましたが、死亡したのは車外に投げ出された高齢者1人であとの5人は軽傷でした。


 また、お盆の15日に高知県の国道で横転した車の後部座席から投げ出された男の子が死亡した事故でも、他の乗員4人は軽傷を負っているだけです。
 いずれも、亡くなった人はシートベルトをしていなかったと見られています。後部座席のシートベルト着用率は、義務化された後も低い割合で推移し、一般道路ではまだ3人に1人の割合です。

 全員がシートベルトを着用していたお陰で、軽傷や無傷ですんだ事故はたくさんあります。後部座席でシートベルトを着用していると車外放出の危険性は約26分の1に減少するというデータもあります。


 どうか、ドライバーの皆さんは、業務で同僚や上司を乗せるとき、あるいは家族を乗せるときにも、後部座席のシートベルトを必ず着用させるようにしてください。

(2012.8.24更新)

教育用ビデオ「ハイウェイで まさか!~高速道路に潜む危険~」

 高速道路では、さまざまな『まさか』の事態が発生します。突然のパンク、逆走車やいないはずの歩行者との遭遇、シートベルト未装着による車外放出など、まったく予想もしない事態によって重大な事故を引き起こすことがあります。

 

 このDVDでは、模範ドライバーが高速道路を走行する上で常に心がけている安全運転のポイントを、図解や実験映像なども織りまぜてわかりやすく示します。 

 運転者の皆さんが初心にかえり、高速道路での事故防止に努めていただくことを目的に制作しました。

 

【詳しくはこちら】

 

過去の朝礼話題 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理
今日の安全スローガン
今日の朝礼話題

6月21日(金)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています


──労働災害防止教育用DVDの取扱いをしております

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。