【シンク出版のページ】時間帯による危険の変化を知ろう

 安全運転をする場合には、どこにどんな危険があるかを予測する能力を高めることが必要ですが、今日は時間帯や曜日によって変化する危険について考えてみましょう。

 

 1日の交通状況は、時間経過によっても変化しているので、時間帯によってどのような危険があるか知っておく必要があります。

 

 時間帯の危険ですぐに思いつくのは、朝夕の通学路や通勤路ですよね。学校や駅に向かう道路では、昼間は閑散としている道路でも、朝夕の時間帯に多くの人や自転車などが行き交い、危険要因が増大していることがあります。

 

 昼間の時間帯では、病院やゲートボール場の近くなど高齢者が集う場所や小学校低学年の児童が帰宅する時間など、違った危険が現れますので注意が必要です。

 

 また、平日と土日で交通状況が変化することもあります。

 

 たとえば、平日はスムーズに通行できる道路でもハンバーガーショップのドライブスルーなどがある場所では、日曜日になると注文待ちの車が道路上に駐車していて、交通の流れを阻害している場合もあります。

 

 いずれにしても、いつも危険な時間帯に通行している場合には、ある程度危険を予測できるのですが、初めてその時間帯に通行するときには、危険に気づかないことがあります。いつもと同じような感覚で運転しないことです。

(シンク出版株式会社 2012.10.24更新)

運行管理者・配車担当者のためのスケジュール手帳

バス版(左)・トラック版(右)があります
バス版(左)・トラック版(右)があります

 シンク出版の「運行管理者手帳」は、運行管理者として知っておきたい知識を「法令編」「知識編」「データ編」にまとめ、1冊の手帳に収録しています。

 

 カレンダーやメモ欄も、記入欄を多く設けていますので、スケジュール管理も万全です。また、月々の交通に関する行事や、安全スローガン、日出・日入の時刻も掲載しています。 

 専用WEBサイトから、一部の掲載資料のダウンロードが可能です。

 

 【詳しくはこちら】

 

過去の交通安全朝礼話題
今日の安全スローガン
交通安全スローガン
今日の朝礼話題

1月24日(木)

サイト内検索
運行管理者 安全運転管理者 出版物 教材

──新商品を中心に紹介しています

──労働災害防止教育用DVDの取扱いをはじめました

運行管理者 指導監督 12項目 トラック 貨物運送事業所
交通安全 事故防止に役立つリンク集
SSD研究所 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理
安全運転管理.COM 交通安全 事故防止 安全運転管理 運行管理 教育資料 ドライバー教育 運転管理

当WEBサイトのコンテンツの利用、転載、引用については「当サイトのご利用について」をご覧ください。